オトナ店長ブログ

パナソニック・90年代・クロモリ・ナカガワ 

好きなものは、思い入れがあるモノは、
いつの間にかお店の定番になってるもんなんですね。
地上波でツールドフランスが見れた頃、T-スクエアのチェイサー♪とともに
目に飛び込むプロレーサーの世界。
そこには、クロモリフレーム、チタンフレーム、アルミフレーム
そしてまだ少数派の接着カーボンフレーム。
メタル素材が普通だった時代。
遥か遠いフランスで強くかっこいい選手たちが繰り広げるレース!
自分の少年時代に「夢」だった形ですね。

今日は、オーダーいただいたパナソニックを仕上げ
新たにイタリアンロードのご相談を90年代シルエットで段取りして
日本の誇るビルダー中川さんのフレームくみ上げ前段取りして・・・

Hi-Bike始めてから海外遠征・レースメカニック・高性能マシンくみ上げ依頼などなど・・・
夢のような味わい深い時間に感謝がつきません。

原点が普遍的なモノで良かった。 

Hi-Bike 中村仁

ツールドフランス・フォンドリエスト・ルードビッヒ・エキモフ・・・Panasonic

中村、帰国いたしました^^

2017ベトナム biwasecup

9ステージのレース、唐見選手のリーダージャージをチームで守り個人総合優勝!

日本チーム、2年連続で連覇でした!

メカニック中村仁

 

 

みんなで力を合わせて世界へ!

日本代表ロードチームが戦ったアジア選手権。
各カテゴリーで勝利とUCIポイント獲得のために選手たちが戦いました。
普段は、所属チームが違う選手たちですがチームワークでメダル獲得を目指し
また大会前から見えないところで多くのスタッフが準備をされてました。
各分野の方々が勝利への執念で環境をつくりあげていくんですね。
個人的には、各チーム・メカニックさんの仕事が一番気になるのですが
各マシンが普通じゃないレベルに仕上げてあり、愛情かけたマシンを拝めました。
機材スポーツにおいて組み方で差が出るという事実。だから現場が大事なんですね。

今回、アンダー23の選手たちがタイムトライアルとロード両方とも金メダル!
直前合宿でご一緒させていただき、そのプロセスの一部を見ていたので
ニュースで観た彼らがとても輝いて見えました。

選手団と明日合流して遠征へ行って参ります。
3月17日帰国 3月18日~Hi-Bike戻ります。<(_ _)> メカニック中村仁

動画と公式情報は、コチラ

TTバイク UCI対応にするか?トライアスロンか?

ロードレースでのタイムトライアル TT といえば
サドルオフセット50mm規定やエアロバー先端までの距離BB~750mm 
腕の角度などなどUCIルール規定をクリアするセッティングで
さらに空気抵抗と選手の身体特性にあわせてポジションをつくる・・・
いろいろと大変だぁ~・・ですが
選手のセッティングをヒントにちょっとポジション詰めて
今日のカフェライドで走ってみました。
やっぱり速度が上がるとノーマルとの差が凄いですね。
ロードタイムトライアルは、大会自体が少ないので興味ある方も少ないでしょうが
交差点の無い直線道路など安全に走れる環境があれば、体感してもらいたいですね。
空気抵抗って減らせるんだ!って(笑)
またドラフティング禁止のトライアスロンでこのTTバイクを使用することも
ほとんどのコースで有利になります。その際は、車両規定がUCIとは違うので自由度が高く
ロングディスタンスにあわせてポジションをつくれます。

Hi-Bikeでは、TTバイクならCerveloですね。試乗車もあります。
他には、ANCHOR、FELT、KUOTAなど。 

乗ってから買える!Cervelo FONDRIEST ANCHOR

トライアスロンからロードまで理論派が好きなメーカーカナダのCervelo(サーベロ)。
世界最速のセッティングといっても過言でないバイクで、メーカーの理論を体験できます。
TTバイク以外にロードレーサーのR2もあります。


イタリアブランド、FONDRIEST(フォンドリエスト)。
ロードレーサーのプロクラスから入門車まで試乗できます。
TF1試乗車(¥700,000~)からTF2,TF3,TF4ご覧いただけます。
日本ブランドでは、ANCHOR(ブリヂストン・アンカー)クロモリネオコットが試乗できます。
またミヤタ、ナカガワ、マッキ、ご覧いただけます。
スペシャルチタン・イタリアのPassoniも・・・

中村仁