店長ブログ

身体のケアにコレが欠かせない(笑)

今日のズイフトライド、人数増えてきてモエマシタ(‘◇’)ゞ

外が大雨だったのでローラーで良かったかなと思いましたが

例によってKOMやスプリントポイントでは本能のままにダッシュ!

ちゃんとパワーセンサーの生数値で勝負してましたので

踏みっぱなしのローラータイムは、ダメージ大きいですね。

今夜もトリガーポイントのフォームローラーをぺる君と取り合いだぁ(笑)

 

 

新しい・通常モード。消耗品大丈夫かな?

新しい生活様式。自転車乗りの方に増えたのがホームトレーナーを使用した

室内ライドですね、私もズイフトを始めました!

とても楽しくすっごい汗をカケマス。

ローラー練習の場合、ヒルクライムよりも汗の影響と

チェーンなどドライブ系への負荷がかかってる感じです。

チェーンの掃除・オイルコンディションとワイヤー類やヘッドベアリング

ホイールベアリングなど各部のメンテナンスを忘れずに行いましょう。

汚れ落としにより出てきた(仕事を終えたオイル)

さらに洗浄して各部すっきりしたチェーン周り。

アウターワイヤー内は、グリスが防いでくれてましたが

むき出し部から浸透した部分が錆びておりました。

このあと9100ポリマーワイヤーをフルカバー施工して組みなおしました。

ステンレスワイヤーをおススメしておりましたが、改心いたしました。

少しコストかけてバージョンアップ仕様をおすすめいたします。

こちらは、ヘッドベアリング。

グリスの防水機能以上に?!

トレーニングした努力の結晶。

これは、消耗品でもあるので即交換いたしました。<m(__)m>

あとは、暑くなり素材への影響や

ライドでの振動などで増し締めが必須の時期でもあります。

ご納車からお時間経っている方々のマシンがちょっと心配です。

ヘッドガタによるステアリングコラムの摩耗や

BB緩みのまま乗車でフレーム側の消耗など

何件かありましたので永くお付き合いしたいマシンの場合、

治る段階でお早めにご相談ください。

毎年この時期は、いろんな所へメカニック帯同しておりましたが

やっていることは、同じです。

微調整が効くレースマシンは、その分セッティングからズレます。

気温、振動、素材の特性、などなど ではまた。

メカニック中村仁

 

 

 

ブレークタイム・知ってほしいこと・体のケア。

ロードバイク=ロードレース=選手+コーチ+マッサー+メカニック+マシン

私的な捉え方ですが(笑) エンジンであるライダーのコンディション・筋肉・燃料である水・補給食など

マッサーのお仕事により体の故障やトラブルを回避して体を回復していくんです。

Hi-Bikeのお客様や私や直子さんもエンネスポーツで施術を受けたことがあります。

一般の方、選手以外の方でもこのオイルマッサージがおすすめです。

穴田さんとは、今シーズンも遠征&Hi-Bikeでオイルマッサーの紹介を企画しておりましたが・・・

なのでこちらのエンネスポーツ様の動画がこれから楽しみです!!

メカニック中村仁

 

A142というバリアスコートは、違った!

グロスとマットが混在するカラーリングのARGON18 エレクトロンプロ。

コーティングを最初に何かできないか?とのことで組み立て前に施工したのが

数か月前に最新版になったバリアスコート。

内容成分が変わってました!これは、自転車・車を手入れするのにいいですね。

旧型は、A141よりさらにムラなく綺麗になります。

ロードバイクであれば、水洗車の際チェーンディグリーザーを使用しない箇所は、

するんするん水だけで汚れが落ちて楽しいです。

トラックバイクであれば、マイクロファイバーで軽く水拭きして再度塗布すれば綺麗をキープできそうです。

A142 いまさらですが新型の良さに気が付きました。

中村仁

 

洗車 

レース遠征が無い今日この頃。

遠征中のルーティンであるマシンの洗車とチームカーの洗車、

期間中は、タイミングと水の確保状況に応じてリズムを造り作業します。

それに比べるとお店での作業は、水場がフル装備状態なので

シャキッとできて当然な環境、自分でハードルあげて車と自転車を短時間でピカピカに!

腕が落ちないようにしよう!とそんな事してるシーズンです。

でも洗ったあとに雨降られてなんか悔しい(笑)