店長ブログ

あれ?! 


サプライズご来店!で ビックリしてしまった(笑)
右から上野みなみ選手:シエルブルー鹿屋(トラック中・長距離&ロード)

そして山口真末選手:エクストリームつくば(トラック短距離)

みなみ&グッチのハイテンションコンビが遊びに来てくれました。

グッチは、2018・500TT日本チャンプ。

茨城県チームスプリントでは、梶原さんと組んでます。

みなみさん といえばトラック&ロードメダリストで

2015パリ世界選手権ポイントレース銀メダル。

アタックを決めた瞬間!コチラ。

ロード・平坦ステージでは、梶原さんと組んで最終局面を打破する牽引役やスピードアタックで攻撃!
4月のタイやアジア選手権でもご一緒してました。
女子レースの迫力あるかっこいい勝負シーン、
なかなか一般的には、目にかかることが少ないですが
メカとしてサポートカーから見てるのでシビレマス!

あしたからナショナルチーム女子ロードは、タイでのUCIレースへ。穴田マッサーと吉田メカですね。
私は、ナショナルチーム男子ジュニアロード、フランス・スイスです。
現在、ツアーオブジャパンでは、井上マッサーと高橋メカが奮闘中です!

みなさま応援よろしくお願い致します。
メカニック中村仁

ARGON18 エレクトロンプロ 市販受注再開!

2019、世界選手権チームパーシュート

展示会にカナダ・ケベックからARGON18のスタッフさんが来られておりました。

ヨーロッパともアメリカとも違う、フランス語圏のケベックの文化の中で生まれた!と。

このメーカー、ロードバイク・トラックバイクともに大変興味深い高性能で、

特にトラックの中・長距離では、急に圧倒的なシェアとなったます。

追い抜き種目・オムニアムで活躍のエレクトロンプロというモデルは、

TTハンドル付きのフレームセットで720,000税別。

世界クラスの機材で入手が困難でしたがXS、S、M、受注が再開!

ご入用の方は、お急ぎください!

 

整備・オーバーホールの日々。

オーバーホール作業が続いております。

お持ち込みのバイクから

トラック・ロードのプロ機材まで

たくさんのご依頼ありがとうございます。

来週21日から6月4日までヨーロッパへメカニック遠征で不在となります。

その間は、ペースダウンいたしますが引き続き承っております。

良い部品を分解洗浄するとより回転が綺麗になり気持ち良いです。

お客様よりパワー値が作業後に軽くなった!との声も(笑)

各部洗い方を以前より改善して部品・材質ごとに

ケミカルを変えているのも効いていると思います。

レース現場でのフィードバックは、ここにもあるかな。

お店でのセルフ洗車のやり方も最近変えました。

ケミカルや道具が同じでもやり方を間違うと

部品を痛めることもあるので

簡単に洗車品質アップできるようしました。

ではまた。

メカニック中村仁

 

競輪マシンの日東ハンドル。綺麗です。

大変高価なセラミックスピード社のベアリングですが

頑丈な造りと回転の軽さは、洗浄していても感じます。

 

同じくセラミックスピード社のビックプーリー。

純正のケージとの性能差なく回転を軽くできる部品。

回転といえば、とびぬけている日本製GOKISO

振れ取りがメインですね。

トラックのBB7700というデュラエースBB。

バラバラにできるので細かく手入れできます。

 

2019アジア選手権ロード・ウズベキスタン

女子U23ロードレース金メダル(ラスト区間登り・山頂ゴール)

女子U23個人タイムトライアル銀メダル(平坦のUターンコース)

梶原悠未さん! 「Hi-Bike・つくばの皆さんいつも応援ありがとうございます!」

普段のトレーニングの際、応援されていることを聞きました。

これからも皆様よろしくお願い致します。

ジュニア女子ロード銀メダル岩本杏奈さん

ジュニア女子ロード銅メダル内野艶和さん

そしてマッサー&メカ(‘◇’)ゞ

大量の荷物と移動。

トラックに預ける際は、念のためスタッフも助手席へ同行。

初日タシュケント空港からホテルまで2時間?ほどトラック移動。

早速、真夜中の高速でラジエター液がなくなり、路肩に止まり・・・

ドライバーさんが真っ暗闇の中、川の水を汲んで応急措置。

ドキドキした~。その後無事にホテル着。

レースコースの道路は、多少の溝と穴くらいでした。

それ以外は、わりと危険な荒れた道もありました。

チームタイムトライアルの男女12台のTTバイクから整備が始まり

メカニック総出で対応、スペアバイクまで入れると自転車置く場所が無いくらいいっぱい!

芸術系?吉田メカとまとめ役・高橋メカと3人メカ体制。

?!見慣れたマシンに乗る内野選手 フォンドリエストでした。

スラム12S 新型コンポは、プロ選手の

別府さん、TTバイクは、フロントシングルのスラム12S

ちょっとコツを伝授していただきました。

U23 松田選手

メカルームという感じのストレージ空間には、

各選手、準備やフィードバックに来てくれてました。

FUJIに乗る小石選手が・・・なんだか癖になるタイミングで現れるのが印象的でした(笑)

レーススケジュールの前半は、寒い雨の日が多かったです。

約10日間、普段とは違う環境の中

選手、スタッフ一丸となって挑めた時間でした。

貴重な時間をありがとうございました。

お店のライドに復帰してますが

体がバキバキで例によって、30キロ出ません(笑)

GW中、毎日サイクリングペースございますので

良かったらお付き合いください。

メカニック中村仁

 

 

 

 

平成最後は・・・ぎっしり。ありがとうございます。


2019 Tour of Thailand 5名選手とレースバイク・スペアバイク合計8台で参戦。

日中の気温が40度近くなる夏の環境でした。

今回は、PM2.5 の影響があり喉や目が少しやられました。

穴田マッサー専用のマスクを装着。

サポートカーは、全チームハイラックス。

先に行われていたTour of Thailand 男子ツアーご一行と

最終日入れ違いでお会いできました。

吸盤型のルーフキャリアなどで6台積載だったり工夫が随所に!

その男子カテゴリーのコーチ、マッサー、メカニックが到着するやいなや、

ホテルでチェックイン・積み下ろし・洗車・パッキングと流れていき

まじかで客観的に見れて勉強になりました。

とにかく物量が多くても強いチームは、整頓されてますね。

4月は、19日早朝より30日までウズベキスタン・タシュケントへ。

2019アジア選手権大会へ行ってきます。TTT 、TT 、ROAD

盛りだくさんの時間をありがとうございます。

メカニック 中村仁