朝、鍵が壊れたら。

おはよう~ございます。

早朝に鍵を開ける時、ときどき思い出すことがあります。

とあるステージレース初日の早朝。

3~4階建てのホテルやテナントで連なるアーケードに2日前から滞在。

レースバイク・機材は、主催者側が用意してくれた1階の空きテナントに作業場所&保管。

鍵の管理は、ガードマンさんを呼びに行くタイプ。めんどくさい。(笑)

その日、真っ暗な早朝それまで何度も鍵の開け閉めをお願いして

顔見知りとなったガードマンにいつものように開けてもらう・・・はずが

テナントの大きなガラス扉の地面側、タイルに彫り込まれた鍵穴に刺さるステンレスのカギ。

目の前でひねる開錠する動きのあと、急にガードマンさんがハッとなる動き。

ポリっと折れてる。背中でハプニング発生を語ってくれてました。(笑)

も~う悪夢です。現実でしたが。レースバイクとスペアホイールの空気圧調整や積み込み、

マッサーは、ボトルやクーラーボックスの準備がすべて時間押す。。。

準備できないまま人の数は増え、その分知恵とアイデアも増えて

結局、裏口に木製ドアがあり、空けるためにそこの一部を破壊したんですよね。

だから

動きの渋いカギに敏感になりました。

なんでも部品は、壊す前に直すか交換しましょう!

あっ 思い出した

スペインのレンタカー屋さんでもポリっと事件で

1時間待たされた・・・

店員さんともども店の中に入れないという事態・・・

 

 

よろしければコメントをどうぞ

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 * マークのついた項目を入力してください。

*
*