URSUS カーボンチューブレス・チューブラー

先日、イタリア文化会館へURSUS 2019年モデルの展示会へ行ってまいりました。

ホイールセットのカーボンモデルは、ハブが新型になり軽量化されました。

クリンチャータイプは、チューブレスレディ対応になり

転がり抵抗の少ないチューブレスタイヤが選択できるようになりました。

個人的に1シーズン使用してみてURSUSクリンチャーモデルは、

●チューブラーモデルよりも新円感覚が良い。

●スペアチューブを持っていれば、出先のパンクでも安心。

✖重量があり加速時、スピード変化対応、登坂区間が苦手。

2019モデルの新型ハブモデルでは軽量化されて

さらに選択できるタイヤにチューブレスが増えた。

チューブラタイヤモデルの方が機材からの恩恵を感じられると思います。

いわゆるレース参加以外であれば、

軽量のカーボンチューブレスホイールが熱いですね。

 

よろしければコメントをどうぞ

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 * マークのついた項目を入力してください。

*
*